ヨガで生理不順は改善できる?


女性のからだと心のケアを中心にレッスンを行っている
Pommeyoga(ポムヨガ)です。

ありがたい事に、私自身が不妊治療を体験してボロボロの状態から
“どうして今の状態になったのか知りたい!”
と現在お悩み中の方が勇気を出して来てくださることが多いです。

そして、色々ご質問してくださるなかで
かなり多いのが生理不順についてです。
私のまわりにもたーっくさん!います。

ざっとですが、今回は私がヨガで改善できた経験などを交えながら
お伝えしたいと思います。

 

■ 生理不順・主な症状 (私編)


・生理が数か月間こないことが続く。

・きたかな?と思ったら2週間ほどで出血してしまう無排卵月経だった。

・基礎体温がガタガタ。排卵期と黄体期がきれいに2層に分かれていない。

・30歳を過ぎてからはホルモンの分泌がうまくできない難病と診断された。
※現在は完治。というかそもそも病気でもなんでもなかった説!

 

ほかにも、生理不順プラス
・激しいPMS。イライラ、ゆううつ、倦怠感など。
・重ーい生理痛。

ありすぎかな!?
もー!たくさん悩まされてきました。
ですが、ヨガで解決した症状は数知れず!です。

 

■ ヨガでどのように改善するの?


・ヨガの呼吸法
⇒酸素をからだの隅々までいきわたらせる。
特に、脳!
忙しいときは深呼吸だけでも効果アリ。

・血流が良くなるポーズ
⇒たとえば骨盤まわりを整えるポーズなど
適度にからだを動かして代謝を良くします。
からだの巡りを良くすることはとても大事!

・月経の周期に適したポーズ
⇒女性はホルモンバランスによって体調や心の状態も左右されます。
その時期に合ったポーズを行うことによりホルモンバランスを整えます。
イライラしても”今”の心の状態を受け入れて自分を見つめる力や
無理に気持ちをコントロールしないことも必要!

 

■ 実際、生理不順がどう改善したの?


・周期どおりに生理がくるようになった。
⇒多少遅れても大きな乱れはなくなった。
28~30日以内にはきます。
現在は基礎体温計は使用していませんが、キレイに2層に分かれていました。

・PMSが緩和された。
⇒生理不順だけでなくPMSも!
たまにあるイライラ・ゆううつも少しずつ受け入れられるように。
胸がパンパンに張ることも少なくなってきました。
ホルモンバランスによる気持ちの乱れや体調の変化は受け入れ
その事実を認めて身をゆだねるだけでも相当変わる気がします。

・生理痛がなくなった。
⇒これははっきり言ってヨガだけでなく
布ナプキンや食事法、心の在り方など様々なアプローチが必要ですが
生理時の不調や痛みはヨガのポーズで緩和できます。
生理中はとにかくリラックスして自分にやさしく!です。

 

ほんとうにざっとですが私はこんな感じでヨガで生理不順が改善されました。
改めて、ひとつずつ詳しく書ければと思います。

ほんの少しですが、参考になればうれしいです。

レッスン中などもお話を聞かせていただいたり、させてもらっています。
何かご質問などがありましたらお気軽にご相談くださいね!

2016-02-12 | Posted in Babywait + Yoga, BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment